光回線

【2021年最新】光回線22社を比較してわかったオススメ5選を発表!選ぶポイント5つも併せて解説

光回線

光回線を契約するならどこがいいかしら…光回線の種類が多くて分からないわ

ずばり、光回線を選ぶにあたって大事なのはスマホとのセット割です

2021年最新の光回線のオススメはスマホ別に以下のとおりです。

ドコモユーザーなら!
auユーザーなら!
ソフトバンクユーザー
なら!
格安SIMユーザー
なら!

【オススメPOINT】
20,000円キャッシュバック
・dポイント2,000ptプレゼント
・工事費無料
・携帯とセットで月額割引
ドコモ光詳細を見る
【オススメPOINT】
・最大60,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・有料オプション加入不要
・携帯とセットで月額割引
auひかり詳細を見る
<エリア外ならSo-net光
【オススメPOINT】
・最大45,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・有料オプション加入不要
・携帯とセットで月額割引
NURO光詳細を見る
<エリア外ならソフトバンク光
各光回線参照
( 携帯とのセット割無し)

光回線を選ぶポイントがわからないという方は、本記事で以下のとおり解説していますので併せてチェックしてみてください。

当記事では、オススメの光回線5つについての解説と選び方、お得な申し込み方法について解説します。

また、光回線かモバイルWi-Fiで迷っている人、光回線が利用できない人向けに、オススメのモバイルWi-Fiについても解説していますので気になる方は併せてご一読ください。

※この記事は2021年10月時点の情報です。
※金額は全て税込み表記で表しています。
  1. 【2021年最新】光回線のオススメはスマホで決まる!22社から比較した結果のオススメ5線と解説
    1. ドコモスマホならドコモ光一択
    2. ソフトバンクスマホで最もオススメなのはNURO光
    3. NURO光がエリア外ならソフトバンク光
    4. auスマホでオススメなのはauひかり
    5. auひかりがエリア外ならSo-net光
    6. 格安SIM、キャリアの格安プランなら実質料金が安い3つの回線がオススメ
  2. オススメの光回線を選ぶためのポイント5つ
    1. 1.お使いのスマホとセットで割引ができるか
    2. 2.お住まいのエリアで使える回線か
    3. 3.実質料金が安いか
    4. 4.キャンペーン内容がお得か
    5. 5.速度が快適か
  3. 光回線をお得に申し込みたい!申し込みの流れとポイントを解説
    1. 1.Webサイト経由で申し込む
    2. 2.工事日調整
    3. 3.工事と初期設定
    4. 4.キャッシュバック等キャンペーンの申請
  4. 光回線とモバイルWi-Fiの違いとオススメな人は?オススメ5社も
    1. モバイルWi-Fiを安く使うならMONSTER MOBILE
    2. 大容量のデータを使うならどこよりもWiFi
    3. 速度重視で選ぶならGMOとくとくBB WiMAX
    4. 完全データ無制限で家限定での利用ならホームルーター「モバレコエアー」
  5. オススメ光回線についてのよくある質問5つ
    1. 新規・転用・事業者変更の違いは?
    2. 地方でオススメの光回線は?
    3. 光回線の問い合わせ先は?
    4. 光回線が遅い!繋がらない!対処方法は?
    5. 光回線を解約する方法は?
  6. まとめ

【2021年最新】光回線のオススメはスマホで決まる!22社から比較した結果のオススメ5線と解説

まず結論からいうと、オススメの光回線はお使いのスマホ別で以下のとおりです。

根拠として、主要光回線22社を一挙比較しながら各光回線の詳細を見ていきましょう。

のちほどオススメの光回線5つを発表します!

光回線(代理店) 実質料金
(戸建て)
実質料金
(マンション)
キャッシュバック スマホのセット割引 平均速度
auひかり
(フルコミット)
3,509円 2,193円 最大60,000円 au 平均下り速度: 371.7Mbps
平均上り速度: 296.33Mbps
auひかり
(NEXT)
3,842円 2,527円 最大52,000円
NURO光
(公式特設サイト)
4,013円  ― 45,000円 ソフトバンク 平均下り速度: 481.05Mbps
平均上り速度: 420.9Mbps
NURO光
(アウンカンパニー)
4,013円  ― 45,000円
NURO光
(公式・NURO光forマンション)
 - 1,736円〜2,396円 25,000円
ソフトバンク光
(NEXT)
5,966円 4,426円 37,000円 ソフトバンク
ワイモバイル
平均下り速度: 305.47Mbps
平均上り速度: 199.27Mbps
ソフトバンク光
(Yahoo!BB)
6,383円 4,843円 27,000円
ドコモ光
(ネットナビ※タイプAの場合)
5,574円 4,254円 20,000円 ドコモ 平均下り速度: 253.5Mbps
平均上り速度: 195.97Mbps
ドコモ光
(GMOとくとくBB)
5,574円 4,254円 20,000円
So-net 光プラス
(公式サイト)
3,653円 2,494円 最大70,000円 au 平均下り速度: 297.08Mbps
平均上り速度: 215.6Mbps
So-net 光プラス
(NEXT)
4,903円 4,160円 戸建て:40,000円
マンション:30,000円
BIGLOBE光
(NEXT)
4,791円 4,128円 39,000円 au 平均下り速度: 254.42Mbps
平均上り速度: 197.42Mbps
コミュファ光
(NEXT)
3,710円 2,594円 戸建て:30,000円
マンション:35,000円
au 平均下り速度: 453.11Mbps
平均上り速度: 295.38Mbps
OCN光
(公式)
4,635円 3,810円 OCNモバイルONE
(220円)
平均下り速度: 261.35Mbps
平均上り速度: 191.91Mbps
ぷらら光※
(公式)
5,197円 3,739円 35,000円 平均下り速度: 246.22Mbps
平均上り速度: 176.47Mbps
@nifty光
(公式)
4,873円 3,587円 最大30,000円 au
(最大1,100円)
平均下り速度: 199.08Mbps
平均上り速度: 203.87Mbps
楽天ひかり
(公式)
5,592円 4,354円 平均下り速度: 194.41Mbps
平均上り速度: 171.52Mbps
eo光(公式) 4,383円 3,653円 戸建て:10,000円
マンション:3,000円
au
(最大1,100円)
平均下り速度: 466.83Mbps
平均上り速度: 317.77Mbps
エキサイト光※
(公式)
5,392円 4,292円 平均下り速度: 151.27Mbps
平均上り速度: 157.38Mbps
DMM光
(公式)
5,944円 4,800円 平均下り速度: 246.6Mbps
平均上り速度: 194.0Mbps
フレッツ光(西日本) 7,242円 5,674円 平均下り速度: 264.74Mbps
平均上り速度: 197.17Mbps
フレッツ光(東日本) 7,682円 5,619円

※実質料金は2年間の場合で算出
※下り速度=ダウンロード速度、上り速度=アップロード速度

また、光回線とモバイルWi-Fiで迷ってる、どっちがいいのかわからない…という方は、オススメのモバイルWi-Fiについての解説も一緒に読んでください。

ドコモスマホならドコモ光一択

ドコモ光_ネットナビ
戸建て マンション
回線種別 光コラボ
利用可能エリア 全国
オススメプロバイダ GMOとくとくBB
月額料金 5,720円~ 4,400円~
速度 1Gbps(10ギガプランもあり)
平均速度※ 平均ダウンロード速度: 253.5Mbps
平均アップロード速度: 195.97Mbps
セット割 ドコモ
最大割引額 1,100円
セット割の条件 なし
工事費 無料
特典 ・最大20,000円キャッシュバック
・最大2,000ptのdポイント
2年間の実質料金 133,780円 102,100円
ひと月当たりの
実質料金
5,574円 4,254円
キャンペーンページ ネットナビ
※2021年10月時点
みんなのネット回線速度より引用

ドコモ光はドコモのスマホとセット割ができる唯一の回線ですよ

ドコモ光のセット割は、加入条件として有料オプションへの加入が不要なため、適用のハードルが低いのが嬉しいポイントです。

また、2021年10月現在工事費無料のキャンペーンを展開していますので、ドコモ光に乗り換えを検討している場合は今がチャンス!

お得に申し込みをしたいなら、キャッシュバックが最大20,000円もらえるネットナビがオススメですよ!

ソフトバンクスマホで最もオススメなのはNURO光

NURO光公式特設サイト
戸建て マンション
回線種別 独自回線
利用可能エリア 北海道・関東・関西・東海・中国・九州
月額料金 5,200円 2,090円~2,750円
速度 2Gbps(6GB、10GBプランもあり)
平均速度※ 平均ダウンロード速度: 481.05Mbps
平均アップロード速度: 420.9Mbps
セット割 ソフトバンク
最大割引額 1,100円
セット割の条件 光電話オプション
関東・北海道:月額550円
東海・関西・九州:月額330円
工事費 44,000円(実質無料)
特典 ・45,000円のキャッシュバック
・工事費実質無料
・25,000円のキャッシュバック
・工事費実質無料
2年間の実質料金 96,300円 41,660〜57,500円
ひと月当たりの
実質料金
4,013円 1,736円〜2,396円
キャンペーンページ 公式特設サイト
※2021年10月時点
みんなのネット回線速度より引用

ソフトバンクのスマホをお持ちなら、オススメはNURO光です。

NURO光は混雑が少ない独自回線を使っており、本記事で比較した光回線の中でも平均速度が速いのが特徴です

平均速度がほかの光回線より速いのは魅力的ね!

さらに、NURO光のマンションタイプは光ファイバーで各戸までの分岐がなされているので、速度が遅くなりにくいのもメリットのひとつ。

戸建てプラン・マンションミニの場合はNURO光公式特設サイト経由の契約で45,000円のキャッシュバックが、NURO光forマンションの場合はNURO光公式サイト経由の契約で25,000円のキャッシュバックがもらえるのも大きな魅力です!

NURO光がエリア外ならソフトバンク光

ソフトバンク光_NEXT
戸建て マンション
回線種別 光コラボ
利用可能エリア 全国
月額料金 5,720円 4,180円
速度 1Gbps(10GBプランもあり)
平均速度※ 平均ダウンロード速度: 305.47Mbps
平均アップロード速度: 199.27Mbps
セット割 ソフトバンク・ワイモバイル
最大割引額 1,100円
セット割の条件 オプションパック:月額550円
工事費 26,400円 (乗り換えの場合実質無料)
特典 ・最大37,000円のキャッシュバック
・【乗り換えの場合】工事費実質無料
・【乗り換えの場合】違約金を100,000円まで負担
2年間の実質料金 143,180円 106,220円
ひと月当たりの
実質料金
5,966円 4,426円
キャンペーンページ 代理店・NEXT
※2021年10月時点
みんなのネット回線速度より引用

ソフトバンク光は、ソフトバンクまたはワイモバイルとのセット割ができることが特徴です。

ただしセット割を契約するには月額550円のオプションパックへの加入が必要となりますので注意してください。

とはいえ、オプションパックへの加入で無線LANルーターやIPv6高速ハイブリッドオプションといった、インターネットを快適に使える機能が揃いますので、加入しておいて損はないですよ。

また、ソフトバンク光は、他社からの乗り換えの場合に限り、他社の解約で発生した違約金等を最大100,000円まで負担してもらうことができるため、以前の光回線の解約で違約金が発生する方にもオススメです。

ソフトバンク光を申し込むなら、最大37,000円のキャッシュバックがもらえる代理店・NEXTをチェックしてみましょう

auスマホでオススメなのはauひかり

戸建て マンション
回線種別 独自回線
利用可能エリア 関西・東海・沖縄県以外
オススメプロバイダ So-net
月額料金 5,610円~ 4,180円
速度 1Gbps (5GB、10GBプランあり) 1Gbps
平均速度 平均ダウンロード速度: 371.7Mbps
平均アップロード速度: 296.33Mbps
セット割 au
最大割引額 1,100円
セット割の条件 光電話オプションに加入 (月額550円)
工事費 41,250円 (実質無料) 33,000円 (実質無料)
特典 ・最大60,000円のキャッシュバック(ネットのみの場合は50,000円)
・工事費実質無料
・他社からの違約金を55,000円まで負担
実質料金 ※戸建て3年、マンション2年 155,490円 52,640円
ひと月当たりの
実質料金
4,319円 2,193円
キャンペーンページ 代理店・フルコミット
※2021年10月時点
みんなのネット回線速度より引用

auひかりはKDDIが独自に敷設した光回線のため、フレッツ光に比べて利用者が少なく、結果として混雑しにくく快適な速度で利用できます。

さらに、auのスマホをお持ちであれば、auひかりとのセット割「auスマートバリュー」が適用されて、スマホの料金が最大10回線、最大1,100円の割引となります。

ただし、auスマートバリューに加入するためには光電話オプション(月額550円)の契約と加入手続きが必須となります。

しかし、光電話オプションに加入することで工事費が無料になったり、auスマートバリューに加入することでWiFiルーターが無料となるメリットもあるので損はありませんよ

auひかりの魅力は高額のキャッシュバックで、ネットと光電話の契約で60,000円、ネットの契約のみでも50,000円のキャッシュバックがもらえます。

最短で翌月にキャッシュバックがもらえるよ!

この高額キャッシュバックを差し引けば、結果として実質的に発生する費用が安く抑えられます。

また、月額330円(初月無料)でウイルス対策や迷惑メール対策などのセキュリティソフトを利用できるオプションもありますので、気になる方はチェックしてみましょう。

auひかりがエリア外ならSo-net光

戸建て マンション
回線種別 光コラボ
利用可能エリア 全国
月額料金 6,138円 4,928円
速度 1Gbps
平均速度※ 平均ダウンロード速度: 297.08Mbps
平均アップロード速度: 215.6Mbps
セット割 au
最大割引額 1,100円
セット割の条件 光電話オプションに加入 (月額550円)
工事費 26,400円 (実質無料)
特典 ・最大70,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
3年間の実質料金 167,930円 125,580円
ひと月当たりの 実質料金 4,665円 3,488円
キャンペーンページ So-net光公式サイト
※2021年10月時点
みんなのネット回線速度より引用

So-net光は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営する光コラボ回線で、フレッツ光と同じエリアで使えるため、auひかりがエリア外だった方にもオススメの回線です。

So-netの特徴は、最大70,000円の高額なキャッシュバックです。

有料オプションなどの追加条件もなく、So-net光を申し込むだけでキャッシュバックの対象になりますよ。

また、So-net光を契約していてauのスマホをお持ちであれば、セット割でスマホの料金が最大1,100円の割引になります

ただし、セット割に加入するためには光電話オプション(月額550円)の契約が必須となりますので注意してください。

格安SIM、キャリアの格安プランなら実質料金が安い3つの回線がオススメ

UQモバイル、LINEモバイルなど、キャリアのスマホではなく格安SIMと呼ばれるスマホをお使いの方も最近では多いのではないでしょうか。

また、最近はドコモのahamo、auのpovo、ソフトバンクのLINEMOなど大手キャリア各社でも格安プランが登場していますが、基本的にはこれらのプランはセット割の対象とはなりません

※LINEMOについては厳密にはソフトバンクの料金プランではなく、ブランド変更という扱いになります

結論から言うと、上記のような格安SIMや格安プランをお使いの方の場合は、セット割ができる組み合わせを気にせず、実質料金が安い光回線を選ぶのがオススメです

実質料金が安い光回線

ちなみに、格安SIMとセット割ができる光回線はいくつかありますが、そう多くもなく金額も微々たるものです。

格安SIMをお使いの場合は、セット割ができるかどうかを気にせず実質料金の安さで回線を選ぶことをオススメします。

オススメの光回線を選ぶためのポイント5つ

ここまでオススメの光回線を紹介してきましたが、「自分にとってオススメの光回線をどうやって選べばいいの?」という疑問にもお答えしますね。

結論から言うと、以下の5つのポイントを軸に光回線を検討するといいですよ。

1.お使いのスマホとセットで割引ができるか

光回線の多くは、特定のキャリアのスマホとあわせて使うことでスマホの料金が割引になるサービスを展開しています。

お使いのスマホにあわせて、割引ができる光回線を選ぶとよりお得ですよ。

スマホキャリア セット割が可能な光回線 月額最大割引額(税込) 適用の条件となる
オプションおよび料金(税込)
ドコモ ドコモ光 1,100円
(シェアパックの場合は3,850円)
なし
ソフトバンク ソフトバンク光
NURO光
1,100円 オプションパック(月額550円)
ワイモバイル ソフトバンク光 1,100円  
au auひかり
So-net光
ビッグローブ光
eo光
コミュファ光
など
1,100円 光電話(月額550円)
UQモバイル enひかり 220円
※スマホではなく、光回線が割引
なし
OCNモバイルONE OCN光 220円 なし
BIGLOBEモバイル BIGLOBE光 550円 なし

セット割を適用すると、たとえば月額1,100円の割引であれば2年間の合計で26,400円の割引ができますので、大幅に通信費を抑えられます。

また、セット割は最大10回線まで適用することができますので、スマホやタブレットの台数が多ければそれだけおトクになるということです

ただし注意が必要なのは、光回線によってはセット割の適用条件として有料のオプション加入が必須となる点。

場合によってはオプション料金よりも割引額の方が少なくなり結果として損になってしまうため、お使いのスマホのプランで割引がいくらになるかは必ず確認しましょう。

また、先程も述べたとおり、UQモバイルやOCNモバイルONE、その他格安SIMをお使いの方は、セット割の適用可能な光回線を選ぶよりも実質料金の安い光回線を選んだ方がお得です。

2.お住まいのエリアで使える回線か

光回線のなかには、日本のほぼ全域で使えるものもあれば、特定の地方でのみ使えるものもあります。

気になる回線を見つけたら、まずはその回線が使えるエリアに住んでいるかどうかをチェックしましょう。

エリアのチェック方法は、以下のようなWebサイトで郵便番号などを入力することで簡単に確認することができます。

光回線名 エリア検索サイト
auひかり 提供エリアの検索|auひかり公式サイト
NURO光 ・戸建ての場合提供状況の確認|NURO光公式特設サイト
・マンションの場合提供エリアの検索|NURO光公式サイト
光コラボ回線
(ドコモ光・ソフトバンク光・So-net光など)
・東日本エリア:提供状況のご確認 | NTT東日本 – フレッツ光
・西日本エリア:サービス提供エリア確認・お申し込み | NTT西日本 – フレッツ光

3.実質料金が安いか

光回線の安さを見る際は月額料金をチェックしがちですが、より大事なのは「実質料金」でチェックすることです。

実質料金とは?

月額料金(×利用期間月数)+初期費用−キャッシュバック・割引

つまり、とある光回線で一見月額料金が高く見えても、初期費用が安かったりキャッシュバックが高額だった場合は実質料金が抑えられ、トータルで見ると結局は安かった、というケースもありえます。

当記事では、各光回線の実質料金を表で示していますのでぜひチェックしてくださいね。

また、契約期間が決まっている光回線の場合は、その契約期間分の利用期間月数(契約期間が2年の場合は24ヶ月)で見ることをオススメします

4.キャンペーン内容がお得か

キャッシュバックや割引などのキャンペーンがお得かどうかは、実質料金の安さにも直結する大事なポイントです。

ただ、そこからさらに一歩踏み込んで、キャンペーンの内容にも注目してみるとより賢く光回線を選ぶことにもつながりますよ

例えば、以前の光回線で途中解約による違約金が発生している場合は、違約金負担のキャンペーンがある光回線を選ぶとよりお得になります。

さらに、キャッシュバックの内容や適用条件にも注目するといいでしょう

キャッシュバックを受け取るために有料オプションへの加入が必要だったり、知人への紹介が必要だったりなど、条件が高ければ高いほどキャッシュバックをもらうことを諦めたくなるかもしれませんよね。

つまり、キャンペーンの内容が自分の求めているものと合っているかどうか、自分にとってハードルが高すぎないかという軸でもチェックできれば、ストレスなく安い実質料金で光回線を契約できます。

5.速度が快適か

光回線を選ぶ際には、速度が速いかどうか、安定しているかどうかも気になるところですよね。

速度に関しては、一般的には光コラボ回線と独自回線では以下のような違いがあります。

  • ドコモ光などの光コラボ回線:利用者が多いため混雑しやすい、利用可能エリアは広い
  • auひかりなどの独自回線:利用者が少ないため混雑が少なく速度が安定しやすい、利用可能エリアは狭い

速度の安定さを優先したいなら、オススメはauひかり・NURO光などの独自回線です。

さらに、みんなのネット回線速度というWebサイトを利用すれば、既に使っている人たちの速度測定結果の平均値を見ることができます。

実際にはどれくらいの速度が出ているのかを判断するために大きな参考になりますよ。

光回線をお得に申し込みたい!申し込みの流れとポイントを解説

光回線をお得に使うなら、申し込みの際にも気をつけておきたい点があります。

そこで、光回線をお得に申し込むためのポイントを解説しつつ、全体の流れをチェックしてみましょう。

1.Webサイト経由で申し込む

光回線をお得に申し込むなら、オススメはWebサイト経由の申し込みです。

なぜなら、Webサイトの場合は店舗に比べて賃料や人件費といった経費が抑えられる分、独自のキャッシュバックやキャンペーンなど顧客還元に回せるお金が多いためです。

また、24時間365日いつでも申し込みができるため、忙しいあなたにもピッタリ。

Webサイト経由の場合の申し込みの流れは以下のとおりです。

  1. 当記事で解説した各光回線の表の一番下「キャンペーンページ」より申し込み窓口にアクセスする
  2. TOPページにある「申し込み」ボタンをクリックする
  3. 住所・氏名および希望プラン、工事日日程のための電話可能な日時などを入力する
  4. 入力内容を確認し、「この内容で申し込み」ボタンをクリックする

一方、auショップなどの専門店舗や家電量販店でも申し込みは可能です。

Webサイト経由のようなキャンペーン面でのメリットは少ないですが、スタッフと対面で話せてわからないことを解消したい、その場でいろいろ確認しながら申し込みをしたいという方向きです。

なお、工事までは約1ヶ月、繁忙期だと2~3ヵ月かかることもありますので、特に繁忙期の場合は余裕をもって申し込みをしてください

2.工事日調整

申し込み完了後、光回線側の担当者より工事日を調整するための電話があります。

工事日当日は立ち会いが必須なので、在宅できる日時を選びましょう。

またこの電話の際に申し込んでおくとお得なキャンペーンがあるケースがあります。

例えば、工事前までモバイルWi-Fiをレンタルできる特典があったり、キャッシュバックの申し込みがこのタイミングで必要などの場合です。

できれば申し込みの時点、遅くとも工事日調整の入電までには、使おうと考えているキャンペーンの申請時期はいつなのかを確実に把握しておきましょう。

工事日の調整が完了後、契約内容が記載された書類や設定に使うための機器が郵送されてきます。

書類にはIDやパスワードなどの重要情報が記載されていますので、なくさないように大事に保管しておきましょう。

3.工事と初期設定

光回線の開設工事には、以下の宅外工事と宅内工事の2種類があります。

  • 宅外工事:近くの電柱から宅内まで光ファイバーを引き込む工事
  • 宅内工事:宅外工事で引き込んだ光ファイバーを配管などを通し、光コンセントおよびONU(光終端装置)を設置する工事

宅外工事、宅内工事いずれも立ち会いは必須で、所要時間はそれぞれ2時間程度、合計で半日程度の工事を想定しておくといいでしょう。

工事が完了したら、利用者側で初期設定を行い、インターネットの開通を確認します。

このときキャンペーンで、無料の設定サポートが使える光回線もあります。

工事後の設定に不安のある方は、気になる回線に上記のような特典やサポートがあるかどうかをチェックしてみましょう。

4.キャッシュバック等キャンペーンの申請

おトクにインターネットを使いたいなら、忘れてはならないのがキャッシュバックなどのキャンペーン申請です。

キャッシュバックをもらい損ねてしまうと実質料金が割高になってしまいますので、お得に申し込みたいなら確実に申請をしましょう。

できれば申し込み前にキャッシュバック申請の手順や時期、条件をチェックしておき、自分にとってハードルが高くないか、簡単にキャッシュバックをもらえそうかなども検討しておくといいでしょう。

多くの光回線では、キャッシュバックの申請開設から少し空いたタイミングでの申請となるので忘れないよう注意が必要です。

スマホのリマインダなどで時期が来たら確実に思い出せるようにしておきましょう。

光回線とモバイルWi-Fiの違いとオススメな人は?オススメ5社も

インターネットを使う手段は光回線だけではありません。

工事不要のモバイルWi-Fiも選択肢に入れているけど、「どれがオススメなのか?」よくわからないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで、光回線とモバイルWi-Fiの2種類、ホームルーターとモバイルWi-Fiの違いをまとめてみました

回線種別 特徴 どんな人にオススメか
光回線 光ファイバーを工事によって自宅に引き込み通信する。
回線の安定度は最も高いが料金も高い
・料金よりも品質重視な人
・速度が速く安定した回線がいい人
・工事可能な家に住んでいる人
ホームルーター 自宅のコンセントに挿すだけでインターネットが使えるようになる。
工事不要。
・工事ができない、またはしたくない人
・インターネットを自宅でしか使わない人
・インターネットは品質(速度)より安さ重視の人
モバイルWiFi 持ち運び可能な小型の機器で電波の届く場所ならどこでもインターネットができる。
プロバイダによっては海外利用も可。
・インターネットを自宅だけでなく外出先でも使いたい人
・インターネットを海外でも使いたい人

上記表で、ホームルーターまたはモバイルWi-Fiの方が気になるという方へのオススメを紹介します。

モバイルWi-Fiを安く使うならMONSTER MOBILE

MONSTERMOBILE
月額料金 20GB:2,090円
50GB:2,640円
60GB:2,728円
90GB:3,278円
150GB:3,828円
初期費用 契約事務手数料:3,300円
端末費用:0円
契約期間 1年
最大速度 150Mbps
平均速度※1 平均ダウンロード速度: 21.51Mbps
平均アップロード速度: 14.05Mbps
端末費用 無料
1年間の実質料金 20GB:30,470円
50GB:37,620円
60GB:38,764円
90GB:45,914円
150GB:53,064円
ひと月当たりの実質料金 20GB:2,344円
50GB:2,894円
60GB:2,982円
90GB:3,532円
150GB:4,082円
キャンペーンページ MONSTER MOBILE公式サイト
※金額は全て税込(税率10%)
※2021年10月時点
※1みんなのネット回線速度より引用

あまりインターネットを使わない方で、とにかく安く!ということであればオススメはMONSTER MOBILEです。

MONSTER MOBILEは20GB〜150GBまでの幅広いプランがラインナップされていますが、特に50GBまでの小容量プランであれば実質料金が最安です。

また、契約期間が1年間と他社と比べて短いため契約の見直しもしやすいのが嬉しいポイント。

足りないと感じたら、データ量プランを変更することも可能なので、柔軟な使い方ができそうですね。

大容量のデータを使うならどこよりもWiFi

どこよりもWiFi
月額料金 ※使った分だけの段階定額制・プレミアムプランの場合
〜5GB:900円
〜20GB:1,900円
〜50GB:2,900円
〜100GB:3,400円
〜150GB:3,900円
〜200GB:4,400円
初期費用 契約事務手数料:3,300円
端末費用:0円
契約期間 2年
最大速度 150Mbps
平均速度※1 平均ダウンロード速度: 14.8Mbps
平均アップロード速度: 10.68Mbps
端末費用 無料
キャンペーンページ どこよりもWiFi公式サイト
※金額は全て税込(税率10%)
※2021年10月時点
※1みんなのネット回線速度より引用

月約200GBの大容量がいいという方にオススメの実質料金が安いモバイルWiFiは、どこよりも WiFi です。

どこよりもWiFiは、「使った分だけお支払い」の段階定額制をとっています。

どこよりもピタッとプランプレミアムであれば最大200GBまでの大容量が使えるので、動画をたくさん見るという方も安心ですね。

また、ほとんど使わなかった月は月額900円ととても安い料金となりますので、無駄なく使いたいという方にもオススメです。

速度重視で選ぶならGMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX
月額料金 ~2ヶ月:3,969円
3ヶ月~:4,688円
初期費用 契約事務手数料:3,300円
端末費用:0円
契約期間 3年
月間データ量 実質無制限(100GB程度)
最大速度 (最新機種WX06の場合)440Gbps
平均速度※ 平均ダウンロード速度: 41.6Mbps
平均アップロード速度: 8.16Mbps
端末費用 無料
セット割 au
最大割引額 1,100円
セット割の条件 なし
特典 30,000円のキャッシュバック
3年間の実質料金 144,599円
ひと月当たりの実質料金 3,908円
キャンペーンページ GMOとくとくBB WiMAX公式サイト
※金額は全て税込(税率10%)
※2021年10月時点
※1みんなのネット回線速度より引用

速度重視なら、最大速度440Mbpsの機種WX06を展開するWiMAXはいかがでしょうか。

WiMAXのプロバイダは数十社ありますが、なかでも最安でオススメなのがGMOとくとくBB WiMAX です。

GMOとくとくBB WiMAXであればWiMAX業界では最高額となる30,000円のキャッシュバックがもらえて金銭面でもお得です。

また、GMOとくとくBB WiMAXをみんなのネット回線速度の口コミ平均速度で比較すると、本記事で紹介したモバイルWi-Fiのなかでも最も高速であることがわかります。

プロバイダ 平均速度
GMOとくとくBB WiMAX 平均ダウンロード速度: 41.6Mbps
平均アップロード速度: 8.16Mbps
MONSTER MOBILE 平均ダウンロード速度: 21.51Mbps
平均アップロード速度: 14.05Mbps
どこよりもWiFi 平均ダウンロード速度: 14.8Mbps
平均アップロード速度: 10.68Mbps
モバレコエアー
(※ソフトバンクエアーの平均速度)
平均ダウンロード速度: 45.59Mbps
平均アップロード速度: 5.77Mbps
※2021年10月時点

また、auスマホとのセット割でお得にしたい方は、auスマートバリューmineというWiFiルーターとスマホとのセット割が適用できるので、auのスマホ料金が最大1,100円/月(税込)の割引になります

速さと安さ、両方が備わった実質無制限のポケットWiFi、GMOとくとくBB WiMAXが気になる方は以下のボタンをクリックしてチェックしてみましょう。

完全データ無制限で家限定での利用ならホームルーター「モバレコエアー」

月額料金 〜1ヶ月目:2,167円
2〜23ヶ月目:3,679円
24ヶ月目以降:5,368円
初期費用 契約事務手数料:3,300円
端末費用:0円
契約期間 2年
月間データ量 無制限
最大速度 (Airターミナル4の場合)最大962Mbps
平均速度※1 (※ソフトバンクエアーの平均速度) 平均ダウンロード速度: 45.59Mbps
平均アップロード速度: 5.77Mbps
端末費用 0円
セット割 ソフトバンク
最大割引額 1,100円
セット割の条件 なし
特典 17,000円のキャッシュバック
2年間の実質料金 71,572円
ひと月当たりの実質料金 2,982円
キャンペーンページ モバレコエアー公式サイト
※金額は全て税込(税率10%)
※2021年10月時点
※1みんなのネット回線速度より引用

家でしか使わないという方にオススメなのは、実質料金が安く、完全データ無制限で利用できるホームルーター・モバレコエアーです。

モバレコエアーはソフトバンクスマホでおうち割光セットが適用でき、最大1,100円の割引となりますので、ソフトバンクスマホをお使いの方はお得です。

モバレコエアーは、月額料金が1ヶ月目までで2,167円と安価ですが、それに加えて17,000円のキャッシュバックでさらに実質料金が安くなる点も嬉しいポイントです。

とにかく実質料金が安い回線を利用したい人で、外出先ではインターネットを使わないという方にもオススメです。

オススメ光回線についてのよくある質問5つ

最後に、オススメの光回線についてよくある質問をまとめました。

新規・転用・事業者変更の違いは?

光回線の新規契約、転用、事業者変更の違いは以下のとおりです。

  • 新規契約:新しく契約する
※光回線を一旦解約し同じ光回線を再契約する場合は、キャンペーンが適用できない場合もあるため厳密には含まれません。
  • 転用:フレッツ光から転用の手続きを経て光コラボ回線に乗り換える
  • 事業者変更:光コラボ回線から事業者変更の手続きを経て別の光コラボ回線に乗り換える

転用・事業者変更は、専用の手続きが必要となることに注意しましょう。

地方でオススメの光回線は?

地方にお住まいの方で、NURO光やauひかりといった実質料金が安い光回線がエリア外の場合は、その土地独自の光回線も併せて検討してみましょう

たとえば、以下の光回線はいずれもKDDI系で、auスマホとのセット割が使えますので、auスマホユーザーはぜひ選択肢に入れておきましょう。

また、お住まいのエリアでKDDI系回線が通っていない場合は、光コラボの中で最も安いSo-net光またはスマホのキャリアに応じた回線を選ぶのがいいでしょう。

光回線の問い合わせ先は?

光回線オススメ5社の問い合わせ先をまとめました。

問い合わせ先
ドコモ光 151(ドコモの携帯電話から)
0120-800-000(その他の携帯電話・固定電話から)
受付時間:いずれも9時~20時(年中無休)
NURO光 契約に関する問い合わせ:0120-65-3810
技術的な問い合わせ:0120-300-260
受付時間:9時~18時
(1月1日・2日以外、メンテナンス日は休み)
NURO光forマンションの問い合わせ:0570-099-130 または03-6831-1947
受付時間:10時~18時
(1月1日・2日以外、メンテナンス日は休み)
ソフトバンク光 0800-111-2009
受付時間:10:00~19:00(年中無休)
auひかり 157(auの携帯電話から)
0077-7-111(一般電話やau以外の携帯の方)
0120-22-0077(上記以外)
受付時間:9:00~20:00
So-net光 0120-80-7761
または
0503-383-1414(携帯電話・公衆電話から)
受付時間:9:00〜18:00

光回線が遅い!繋がらない!対処方法は?

光回線の通信速度が遅い場合は、以下のパターンが考えられます。

  • ルーター・パソコンなどの一時的な負荷が原因で、機器を再起動すれば改善する
  • v6プラス非対応のルーターを使っているまたはv6プラスを使うモードになっていない
  • 機器やLANケーブルが経年劣化している、または規格が古く、ボトルネックとなっている
  • 電波干渉、ルーターからの場所が遠いなど、環境面の問題
  • 光回線またはプロバイダで障害が起こっている

※光回線やプロバイダのホームページで障害情報の掲載がないか確認してください。

上から順番に確認していき、それでも遅いという場合は光回線への問い合わせも検討しましょう。

光回線を解約する方法は?

光回線を解約する方法はほとんどが電話のみですが、一部Web経由での解約ができる場合もあります。

先に紹介したオススメ光回線の解約連絡先を紹介します。

解約方法 連絡先
ドコモ光 電話 151(ドコモの携帯電話から)
0120-800-000(その他の携帯電話・固定電話から)
受付時間:いずれも9時~20時(年中無休)
NURO光 電話またはWeb ・電話:0120-65-3810(9時~18時、日曜・1月1日・2日以外)
・チャット(9時~18時、1月1日・2日以外)
・メールサポート(9時~18時)
ソフトバンク光 電話 0800-111-2009
受付時間:10:00~19:00(年中無休)
auひかり 電話 利用中の各プロバイダへ連絡
So-net光 Web 0120-80-7761
または
0503-383-1414(携帯電話・公衆電話から)
受付時間:9:00〜18:00

解約時には契約期間および契約更新期間がいつかを確認しておきましょう。

契約期間中の途中解約を行うと違約金が発生しますので、できるだけ契約更新月に解約するといいですね。

まとめ

当記事で22社の光回線(および代理店)を比較した結果、オススメの光回線は以下のとおりでした!

各見出しでオススメの申し込み窓口も紹介しておりますので、併せて参考にしてください。

また光回線を選ぶ際は、以下のポイントをチェックしつつ、自分にあった回線を選んでみてくださいね。

光回線を選ぶのは難しそう…という方でも、ポイントさえ抑えれば自分にあった回線を探すことは実は簡単なんです。

賢くお得なインターネット選びに、ぜひ当記事を活用してください!

タイトルとURLをコピーしました