インターネット

インターネットの速度が遅いときの原因と3つの対処法!速くて快適なおすすめ回線も紹介

インターネット

スマホやパソコン利用している人のなかには、インターネットの速度が遅く、不満を感じている方もいると思います。

インターネットの速度が遅いと感じたときに、まず試したい3つのことは以下のとおりです。

インターネットが遅い原因としては、主に6つの原因が考えられます。

今回はインターネット回線が遅い場合の原因や、解決方法について解説します。

また、どうしてもつながらない人に向けて、乗り換え先におすすめのインターネット回線も紹介しております。

おすすめのインターネット回線は以下のとおりです。

【おすすめの光回線】

ドコモ光

ドコモユーザーにおすすめ
「ドコモ光」
・月額:4,400円~
・キャッシュバック最大20,000円
・ドコモスマホとセットでスマホ料金が毎月1,100円割引
・dポイントを2,000ptプレゼント

auひかり

auユーザーにおすすめ
「auひかり」
・月額:4,180円~
・キャッシュバック最大60,000円
・auスマホとセットでスマホ料金が毎月1,100円割引
・対象エリア:北海道、東北、関東、中国、九州
auひかりがエリア外なら…「So-net光プラス」

NURO光

ソフトバンクユーザーにおすすめ
「NURO光」
・月額:2,090円~
・キャッシュバック最大45,000円
・ソフトバンクスマホとセットでスマホ料金が毎月1,100円割引
・対象エリア:北海道、関東、東海、関西、中国、九州の一部エリア
NURO光がエリア外なら…「ソフトバンク光」
特定のエリアにお住まいの方におすすめ ・東海エリアの人はコミュファ光
・関西エリアの人はeo光

この記事を読めば、インターネット回線の速度に関する悩みがすべて解決されますよ。

  1. インターネット回線の速度テストをしよう!
    1. インターネット速度に関する単語をおさらい
      1. 上り速度と下り速度
      2. インターネット速度を表す単位「bps」
      3. PING値
      4. PING値を表す単位「ms」
  2. インターネットを快適に使える速度の目安
  3. インターネットの速度が遅いときにまず試したい3つのこと
    1. ルーターと機器の接続を切ってつなぎなおす
    2. 再起動してみる
    3. 周波数(5GHz・2.4GHz)を変えてみる
  4. インターネットの速度が遅いと感じたときの6つの主な原因と解決方法
    1. 通信制限にかかっている
    2. ルーターと機器の間に障害物がある
    3. 回線が混雑している
    4. 通信障害が起こっている
    5. インターネットがつながりにくい場所にいる
    6. ルーターや機器が古く性能が低い
  5. 速度が改善しない場合は、インターネット回線の乗り換えを検討しよう
    1. 快適な速度でインターネットを利用したい人におすすめの「光回線」
      1. ドコモユーザーは「ドコモ光」がおすすめ
      2. auユーザーは「auひかり」がおすすめ
      3. auひかりがエリア外なら「So-net光プラス」がおすすめ
      4. ソフトバンクユーザーなら「NURO光」がおすすめ
      5. NURO光がエリア外なら「ソフトバンク光」がおすすめ
      6. 東海エリアの人は「コミュファ光」がおすすめ
      7. 関西エリアの人は「eo光」がおすすめ
    2. 快適な速度でインターネットを利用したい人におすすめの「ポケットWiFi」
      1. 20GBまでの小容量なら「ゼウスWiFi」がおすすめ
      2. 20GB以上50GBなら「MONSTER MOBILE」がおすすめ
      3. 100㎇までの中容量なら「MugenWiFi」がおすすめ
      4. 200GBまでの大容量なら「どこよりもWiFi」がおすすめ
    3. 快適な速度でインターネットを利用したい人におすすめの「ホームルーター」
      1. WiMAXホームルーターなら「GMOとくとくBB」
      2. ソフトバンクエアーなら「モバレコエアー」
  6. インターネットの速度に関するよくある質問
    1. インターネットの速度が遅い原因は?
    2. インターネットの速度が遅い場合の対処法は?
    3. インターネットを快適に利用するための速度は?
  7. まとめ

インターネット回線の速度テストをしよう!

まずは、今お使いのインターネット回線の速度がどれくらいなのか、テストしてみましょう。

テストの方法は、とても簡単だよ!

速度を測りたいネットワークに接続したパソコンやスマホから、インターネット回線速度のテストサイトにアクセスするだけです。

しばらく待つと、測定結果が画面に表示されます。

速度計測1

「詳細を表示」を選べば、下り速度だけでなく上り速度などもわかりますよ。

インターネット速度に関する単語をおさらい

インターネット速度を測ると、よくわからない言葉が出てきて混乱することもあると思います。

そこで、インターネット速度に関する単語についてご説明します。

上り速度と下り速度

上り速度はアップロード速度、下り速度はダウンロード速度ともいわれます。

こちら側の端末からサーバー側の端末に向かう方向が上り(アップロード)、反対が下り(ダウンロード)です。

動画を観る、Webページの記事を読む、メールやLINEを受信するなどの場合は、サーバーから動画やページをダウンロードしているので、下り速度をみます。

逆に、画像や動画をアップロードする、メールやLINEを送信するなどの場合は、こちら側からサーバーにデータをアップロードしているため、上り速度をみましょう。

よく使うのは下り速度なので、「通信速度」としか書いていない場合は下り速度を指すことが多いです。

インターネット速度を表す単位「bps」

bpsとは、1秒あたりに送信できるビット数を表す速度の単位です。

kbpsなら1秒あたり1kビット、Mbpsなら1秒あたり1Mビット、Gbpsなら1Gビットのデータを送信できることを示します。

単位がkbps<Mbps<Gbpsの順に速くなります。

詳しくは「インターネットを快適に使える速度の目安」をご覧ください。

PING値

PING値とは、サーバー側とこちらの端末側との往復にかかる時間を表します。

PING値が重要になるのは、素早いレスポンスが求められる場合です。

たとえば、格闘ゲームで攻撃を受けたのに、こちら側の行動が遅いと攻撃を受けたことすら気づかず試合になりません。

普通にネットサーフィンをしたり動画を視聴したりするだけであれば、PING値をあまり気にすることはないよ。

PING値を表す単位「ms」

PING値の単位のms(ミリセカンド)は、1,000分の1秒を示しています。

数値が低ければ低いほどレスポンスが速いことを示し、快適にネットゲームなどをできます。

インターネットを快適に使える速度の目安

インターネットを快適に使うためには、どれくらいの速度があればよいのでしょうか?

ここでは、それぞれ用途別の必要な速度をまとめてみました。

【用途別の必要な通信速度の一覧】

用途 必要な通信速度
アップロード速度 メールやSNSなどのメッセージ送信 1Mbps
SNSへの画像の投稿 3Mbps
SNSやYouTubeへの動画の投稿 10Mbps
ダウンロード速度 メールやSNSなどのメッセージ受信 128kbps~1Mbps
WebサイトやSNSの閲覧 1Mbps~10Mbps
YouTubeなどの動画視聴 3Mbps~25Mbps
オンラインゲーム 30Mbps~100Mbps

この表をみると、SNSや動画視聴などをするだけなら、30Mbps程度あれば十分なことがわかります。

インターネットの速度が遅いときにまず試したい3つのこと

インターネットの速度が遅い場合、対処をすれば速度が改善することがあります。

ここでは、以下の簡単な3つの対処法についてご説明しましょう。

速度が遅いと感じたら、一度試してみてください。

ルーターと機器の接続を切ってつなぎなおす

ネットワークの接続がうまくいっていないと、通信速度が遅くなったり、つながらなかったりすることがあります。

その場合、一度ルーターとパソコンやタブレットなどの端末のネットワーク接続を切ってから、つなぎなおすことで接続がうまくいくかもしれません。

再起動してみる

ルーターやパソコンが、なんらかの原因で正常に動作していない可能性もあります。

一度ルーターとスマホ・パソコンなどを両方とも再起動してみましょう。

機器が正常に動作して、通信速度が正常な状態に戻ることがあります。

周波数(5GHz・2.4GHz)を変えてみる

WiFiを使っている場合は、WiFiの周波数を変えてみると速度が安定するかもしれません。

WiFiの周波数には5GHzと2.4GHzがあり、それぞれの特徴は以下のとおりです。

【WiFiの周波数の違い】

5GHz 2.4GHz
・周りに障害物が多いと、遠方に電波が届きにくいことがある
・家電の周波数と干渉しない
・障害物の干渉を受けにくく、遠方に電波が届きやすい
・家電の電波干渉を受けやすい

周りに電子レンジなどの家電がある場合は5GHzに、壁などの障害物が多い場合は2.4GHzなど、周波数を変えることで速度が改善する可能性がありますよ。

インターネットの速度が遅いと感じたときの6つの主な原因と解決方法

上記でご紹介した簡単な対処法を試しても、まだ速度が遅いままの場合は、以下のような原因があることが考えられます。

それぞれの原因と解決方法について、詳しくご説明しましょう。

通信制限にかかっている

スマホやポケットWiFiを使っている場合、通信制限にかかると速度が制限されます。

月ごと、または日ごとに使えるデータ量の上限が決まっているため、上限を超えると速度制限がかかり、通信速度が遅くなってしまいます。

お使いの回線のマイページなどで、プラン内容を確認してみてください。

データ量の上限や、今使っているデータ量を確認し、制限を超えていないかみてみましょう。

ルーターと機器の間に障害物がある

WiFiルーターをお使いの場合、ルーターとパソコンやスマホ、タブレットなどの間に障害物があると速度が遅くなることがあります。

その場合は、ルーターを移動して機器の側に置いてみると、通信速度が改善するかもしれません。

回線が混雑している

利用者が多いとネット回線が混雑し、通信速度が落ちることが考えられます。

とくに、夜間や休日などの利用者が多い時間帯や、集合住宅などでは混雑することが多いでしょう。

光回線を使っている場合は、「IPv6オプション」を付けることをおすすめします。

「IPv6」とは新しい接続方式のことです。

従来の「IPv4」よりも利用者が少ないため、回線が混雑しておらずスムーズに利用できるよ。

なお光回線によって、「IPv6接続」や「v6プラス」などオプション名が違いますので、注意しましょう。

通信障害が起こっている

お使いのインターネット回線で、通信障害が起こっている可能性もあります。

スマホならドコモやau、光回線ならauひかりなど、利用している回線のホームページの障害発生状況を確認しましょう。

通信障害が発生している場合は、復旧するまで待つしかありません。

インターネットがつながりにくい場所にいる

ポケットWiFiやホームルーターなど、WiFi通信のインターネット回線をお使いの場合は、インターネットがつながりにくい場所にいるという可能性も考えられます。

回線の対応エリア外にいる、または対応エリア内でもコンクリートの建物のなか、地下、トンネル内、山間部、沿岸部などにいると、インターネットがつながらなかったり速度が落ちたりします。

使用しているWiFiの公式サイトのエリア確認ページで、お住まいの地域が対象エリアに入っているかどうか確認しましょう。

ルーターや機器が古く性能が低い

インターネット回線自体の性能がよくても、ルーターやスマホ・パソコンなどの機器、LANケーブルなどのスペックが低いと、通信速度が落ちることがあります。

機器が古くスペックが低い、最新の規格に対応していない、ソフトウェアやOSのバージョンが最新でないなどという点をチェックしてみましょう。

LANケーブルの規格は、CAT6(カテゴリー6)以上なら最大速度が1Gbpsに対応しています。

ケーブルに「CAT6」と印字されているので、確認してみよう。

パソコンやスマホ、タブレットなどのソフトウェアやOSは、常に最新にアップデートしておくことが大切です。

速度が改善しない場合は、インターネット回線の乗り換えを検討しよう

上記の対処方法を試しても速度が改善しない場合は、インターネット回線の乗り換えを検討する必要があるかもしれません。

通信速度がもっとも速いのは、光回線です。

それぞれの回線の種類ごとに、平均通信速度を比較してみましょう。

【回線の種類ごとの平均通信速度比較】

回線の種類 下り速度 上り速度
光回線 303.3Mbps 226.1Mbps
ポケットWiFi 34.8Mbps 8.4Mbps
ホームルーター 37.1Mbps 8.9Mbps
スマホキャリア 89.6Mbps 16.5Mbps

みんなのネット回線速度より

光回線が断トツで速いことがわかります。

ここでは、それぞれの種類でおすすめの回線をご紹介しましょう。

快適な速度でインターネットを利用したい人におすすめの「光回線」

光回線はポケットWiFiやホームルーターに比べて、速度が安定しています。

快適な速度でインターネットを利用したい人におすすめだよ。

どれくらい速いのか、インターネットの速度実測値投稿サイト「みんなのネット回線速度」の光回線ランキングをみてみましょう。

【光回線通信速度実測値ランキング】

順位 回線名 下り速度実測値平均
1位 NURO光 481.5Mbps
2位 eo光 465.5Mbps
3位 コミュファ光 451.66Mbps
4位 NCV光 429.35Mbps
5位 TNCひかりdeネット 413.65Mbps
6位 スターキャット光 393.55Mbps
7位 KCN光 373.84Mbps
8位 auひかり 371.86Mbps
9位 J:COM NET光 370.1Mbps
10位 ベイコム光 363.74Mbps

みんなのネット回線速度より

実測値が300Mbpsを超える光回線もあり、非常に速いことがわかります。

光回線を選ぶうえで重要なのが、スマホのセット割が使えるかどうかです。

また、全国対応の光コラボ回線ならどこでも使えますが、独自回線の場合は提供エリアが限定されているので、必ずエリア確認をしましょう。

ここでは、スマホキャリアやお住まいの地域ごとに以下の光回線をおすすめします。

それぞれの光回線について、ご説明しましょう。

ドコモユーザーは「ドコモ光」がおすすめ

ドコモ光

ドコモのスマホをお使いの場合は、ドコモのセット割が使える「ドコモ光」がいいでしょう。

【ドコモ光の概要】

戸建て マンション
対応エリア 日本全国
セット割 名称 ドコモ光セット割
割引額 最大1,100円割引
適用回線数 最大20回線
契約期間 2年
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費用
※キャンペーンで実質無料
19,800円 16,500円
月額料金 5,720円 4,400円
契約期間中の実質料金合計 133,780円 102,100円
契約期間中の実質月額料金 5,574円 4,254円
キャンペーン内容 ・キャッシュバック最大20,000円
・工事費実質無料
・dポイントを2,000ptプレゼント
・訪問サポート1回分無料
・v6プラス対応ルーター永年無料レンタル
・セキュリティソフト1年間無料

※価格はすべて税込

ドコモ光はフレッツ光の回線を借りている光コラボ回線なので、基本的には日本全国どこでも使えます。

おすすめの申込窓口は、キャッシュバックを最大20,000円もらえる「ネットナビ」です。

以下のようなキャンペーン特典があるため、おすすめですよ。

  • キャッシュバック最大20,000円
  • 工事費実質無料
  • dポイントを2,000ptプレゼント
  • 訪問サポート1回分無料
  • v6プラス対応ルーター永年無料レンタル
  • セキュリティソフト1年間無料

auユーザーは「auひかり」がおすすめ

auひかり

auのスマホをお使いなら、auのセット割が使える「auひかり」がおすすめです。

【auひかりの概要】

戸建て マンション
対応エリア 東海、関西エリアをのぞく日本全国
セット割 名称 auスマートバリュー
割引額 最大1,100円割引
適用回線数 最大10回線
契約期間 3年 2年
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費用
※キャンペーンで実質無料
41,250円 33,000円
月額料金 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
4,180円
契約期間中の実質料金合計 155,490円(3年間) 52,640円(2年間)
契約期間中の実質月額料金 4,319円(3年間) 2,193円(2年間)
キャンペーン内容 ・キャッシュバック最大60,000円
・工事費実質無料
・他社違約金・撤去工事費を最大30,000円還元

※価格はすべて税込

auひかりは関西、東海エリアが提供エリア外なので、注意しましょう。

おすすめの申込窓口は、最大60,000円のキャッシュバックをもらえる「フルコミット」です。

以下のようなキャンペーンを利用できるので、おすすめですよ!

  • キャッシュバック最大60,000円
  • 工事費実質無料
  • 他社違約金・撤去工事費を最大30,000円還元

auひかりがエリア外なら「So-net光プラス」がおすすめ

so-net光プラス

auひかりがエリア外の関西・東海エリアにお住まいの方には、「So-net光プラス」がおすすめです。

【So-net光プラスの概要】

戸建て マンション
対応エリア 日本全国
セット割 名称 auスマートバリュー
割引額 最大1,100円割引
適用回線数 最大10回線
契約期間 3年
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費用
※キャンペーンで実質無料
26,400円
月額料金 6,138円 4,928円
契約期間中の実質料金合計 167,930円 125,580円
契約期間中の実質月額料金 4,665円 3,488円
キャンペーン内容 ・キャッシュバック最大70,000円
・工事費実質無料
・v6プラス対応無線ルーター永年無料レンタル
・訪問サポート1回分無料

※価格はすべて税込

So-net光プラスは光コラボ回線なので、基本的には日本全国で利用できます。

おすすめの申込窓口は、最大70,000円のキャッシュバックでとても安くなる「So-net公式」です。

ほかにも以下のようなキャンペーンを利用でき、おすすめですよ。

  • キャッシュバック最大70,000円
  • 工事費実質無料
  • v6プラス対応無線ルーター永年無料レンタル
  • 訪問サポート1回分無料

ソフトバンクユーザーなら「NURO光」がおすすめ

NURO光

ソフトバンクのスマホをお使いの方は、ソフトバンクのセット割が使える「NURO光」がおすすめです。

【NURO光の概要】

戸建て NURO光 for マンション
対応エリア 関東、関西、東海、中国、九州、北海道エリア
セット割 名称 おうち割 光セット
割引額 ソフトバンクユーザー:最大1,100円
適用回線数 最大10回線
契約期間 3年
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費用
※キャンペーンで実質無料
44,000円
月額料金 5,200円 2,090円~2,750円
契約期間中の実質料金合計 165,300円 73,340円〜97,100円
契約期間中の実質月額料金 4,592円 2,037円〜2,697円
キャンペーン内容 ・キャッシュバック最大45,000円
・工事費実質無料
・設定サポート1回無料

※価格はすべて税込

NURO光は最大速度2Gbpsの超高速回線なので、通信速度を求める人にもおすすめです。

ただし対応しているエリアが、関東・関西・東海・九州・北海道エリアのみである点に注意しましょう。

おすすめの申込窓口は、「NURO光公式特設サイト」です。

以下のようなキャンペーンを利用できるため、とてもお得ですよ!

  • キャッシュバック最大45,000円
  • 工事費実質無料
  • 設定サポート1回無料

NURO光がエリア外なら「ソフトバンク光」がおすすめ

ソフトバンク光

NURO光が対象エリア外だった場合は、「ソフトバンク光」がいいでしょう。

【ソフトバンク光の概要】

戸建て マンション
対応エリア 日本全国
セット割 名称 おうち割 光セット
割引額 ソフトバンクユーザー:最大1,100円
適用回線数 最大10回線
契約期間 2年
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費用
※乗り換えの場合実質無料
26,400円
月額料金 5,720円 4,180円
契約期間中の実質料金合計 143,180円 106,220円
契約期間中の実質月額料金 5,966円 4,426円
キャンペーン内容 ・キャッシュバック最大37,000円
・他社違約金・撤去工事費を最大100,000円還元
・ネット開通までの間、ルーター無料貸し出し

※価格はすべて税込

ソフトバンク光は光コラボ回線なので、基本的に日本全国で使えます。

おすすめの申込窓口は、最大37,000円のキャッシュバックがもらえる「NEXT」です。

以下のようなキャンペーンを利用でき、おすすめですよ!

  • キャッシュバック最大37,000円
  • 他社違約金・撤去工事費を最大100,000円還元
  • ネット開通までの間、ルーター無料貸し出し

東海エリアの人は「コミュファ光」がおすすめ

コミュファ光

東海エリアにお住まいの方には、通信速度が速いと評判の「コミュファ光」がおすすめです。

【コミュファ光の概要】

戸建て マンション
対応エリア 愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・長野県
セット割 名称 auスマートバリュー
割引額 ソフトバンクユーザー:最大1,100円
適用回線数 最大10回線
契約期間 2年
初期費用 事務手数料 770円
工事費用
※キャンペーンで実質無料
0円
月額料金 1〜12ヶ月目:3,980円
13ヶ月目〜:5,215円
1〜12ヶ月目:3,380円
13ヶ月目〜:4,000円
契約期間中の実質料金合計 89,030円 62,250円
契約期間中の実質月額料金 3,710円 2,594円
キャンペーン内容 ・最大35,000円のキャッシュバック
・工事費0円

※価格はすべて税込

対象エリアが限られていますが、エリア内にお住まいであれば通信速度が速いコミュファ光がいいでしょう。

おすすめの申込窓口は、「NEXT」です。

以下のようなキャンペーンを利用できますよ。

  • 最大35,000円のキャッシュバック
  • 工事費0円

関西エリアの人は「eo光」がおすすめ

eo光

関西エリアにお住まいの人は、「eo光」がおすすめです。

【eo光の概要】

  戸建て マンション
対応エリア 大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山、福井の一部地域
セット割 名称 auスマートバリュー
割引額 最大1,100円割引
適用回線数 最大10回線
契約期間 2年
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費用 29,700円
※キャンペーンで実質無料
0円
月額料金 1~12ヶ月目:3,248円
13ヶ月目~:5,448円
1〜12ヶ月:3,326円
13ヶ月目〜:3,876円
契約期間中の実質料金合計 105,188円 87,660円
契約期間中の実質月額料金 4,383円 3,653円
キャンペーン内容 ・10,000円分商品券
・工事費実質無料
・月額料金割引

※価格はすべて税込

eo光は、関西エリアと福井県の一部に提供エリアが限られていますが、実質料金が安いためおすすめです。

申し込みは「オプテージ」から行いましょう。

以下のようなキャンペーンを利用できてお得ですよ!

  • 10,000円分商品券プレゼント
  • 工事費実質無料
  • 月額料金割引

快適な速度でインターネットを利用したい人におすすめの「ポケットWiFi」

外出先でもインターネットを利用したいなら、ポケットWiFiがおすすめです。

ポケットWiFiは光回線とは異なり、基地局からモバイルルーター端末まで無線通信でつながっているよ。

通信速度は光回線よりも遅く、電波が届くエリアでしか利用できません。

一方で、外出先でもインターネットを利用できる、月額料金が安い、工事不要で申し込んだら数日後に利用できるというメリットがあります。

多少通信速度は遅くても、以下のような人におすすめですよ。

  • 外出先で使いたい
  • 安いほうがいい
  • すぐに使いはじめたい
  • 自宅で工事ができない

クラウドSIM系のポケットWiFiは、容量別でおすすめが異なります。

ここでは使いたいデータ容量ごとに、おすすめの回線をご紹介しましょう。

20GBまでの小容量なら「ゼウスWiFi」がおすすめ

ゼウスWiFi

データをほとんど使わないなら、「ゼウスWiFi」がおすすめです。

【ゼウスWiFiの概要】

20GB 40GB 100GB
対応エリア 日本全国
使用回線 クラウドWiFi
契約期間 2年
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 0円
月額料金 ~3ヶ月目:980円
4ヶ月目~:2,178円
~3ヶ月目:1,680円
4ヶ月目~:2,948円
~2ヶ月目:3,278円
3ヶ月目~:3,828円
2年間実質料金合計 52,958円 71,928円 97,350円
2年間実質月額料金 2,118円 2,877円 3,894円
キャンペーン内容 ・端末代金0円
・月額料金割引

※価格はすべて税込

ゼウスWiFiは20GB・40GB・100GBのプランから選べるうえに、20GBのプランは他社と比べても安く、おすすめのポケットWiFiです。

おすすめのポイントは以下のとおりです。

  • 20GBのプランが安い
  • 端末代金0円
  • 月額料金割引

20GB以上50GBなら「MONSTER MOBILE」がおすすめ

20GB以上、50GBくらいまで使うなら、「MONSTER MOBILE」がおすすめです。

【MONSTER MOBILEの概要】

マンスリープラン デイリープラン
20GB 50GB 2GB/日 3GB/日 5GB/日
対応エリア 日本全国
使用回線 クラウドWiFi
スマホセット割 なし
契約期間 1年
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 0円
月額料金 2,090円 2,640円 2,728円 3,278円 3,828円
1年間実質料金合計 30,470円 37,620円 38,764円 45,914円 53,064円
1年間実質月額料金 2,344円 2,894円 2,982円 3,532円 4,082円
キャンペーン内容 端末代金0円

※価格はすべて税込

おすすめのポイントは以下のとおりです。

  • 20GBから50GBまでのプランが安い
  • 端末代金0円

100㎇までの中容量なら「MugenWiFi」がおすすめ

Mugen WiFi

100GB程度使いたいなら、おすすめは「MugenWiFi」です。

【Mugen WiFiの概要】

対応エリア 日本全国
使用回線 クラウドWiFi
スマホセット割 なし
契約期間 2年
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 0円
月額料金 3,718円
2年間実質料金合計 82,750円
2年間実質月額料金 3,310円
キャンペーン内容 ・端末代金0円
・キャッシュバック13,500円
・30日間おためし全額返金キャンペーン

※価格はすべて税込

おすすめのポイントは以下のとおりです。

  • 100GB容量帯なら月額料金が安い
  • 端末代金0円
  • 最大13,500円のキャッシュバック
  • 30日間のお試しができるキャンペーンがある

200GBまでの大容量なら「どこよりもWiFi」がおすすめ

どこよりもWiFi

200GB程度の大容量のデータを使いたいなら、「どこよりもWiFi」がいいでしょう。

【どこよりもWiFiの概要】

対応エリア 日本全国
使用回線 クラウドWiFi
スマホセット割 なし
契約期間 2年
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 0円
月額料金 4,400円
2年間実質料金合計 113,300円
2年間実質月額料金 4,532円
キャンペーン内容 端末代金0円

※価格はすべて税込

おすすめのポイントは以下のとおりです。

  • 200GBもの大容量データを使える
  • 端末代金0円

快適な速度でインターネットを利用したい人におすすめの「ホームルーター」

少しでも安く手軽にインターネットを利用したいなら、ホームルーターがおすすめです。

ホームルーターはポケットWiFiと同様に、基地局からルーター端末まで無線通信でつながっているよ。

そのため通信速度は光回線よりも遅く、自宅でしかインターネットを利用できません。

ただし、ルーター端末が据え置き型なので、ポケットWiFiよりは通信速度が速くなります。

また、月額料金が安い、工事不要で申し込んだら数日後に利用できるというメリットもあります。

多少通信速度は遅くても、安いほうがいい、すぐに使いはじめたい、自宅で工事ができないという人におすすめですよ。

ホームルーターでおすすめなのは、WiMAXとソフトバンクエアーです。

WiMAXのホームルーターは通信速度が安定しており、ソフトバンクエアーは実質料金が安いという特徴があるよ。

それぞれの回線についてご説明します。

WiMAXホームルーターなら「GMOとくとくBB」

通信速度が速いWiMAXのホームルーターであれば、「GMOとくとくBB」から申し込みましょう。

GMOとくとくBB WiMAXの概要】

対応エリア 日本全国
使用回線 WiMAX 2+
スマホセット割 auユーザー:最大1,100円割引
UQモバイルユーザー:最大550円割引
契約期間 3年
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 0円
月額料金 〜2ヶ月目:2,849円
3〜24ヶ月目:3,678円
25ヶ月目〜:4,688円
契約期間内の実質料金合計 143,019円
契約期間内の実質月額料金 3,865円
キャンペーン内容 ・月額料金割引
・キャッシュバック6,000円
・端末代金0円

※価格はすべて税込

おすすめポイントは以下のとおりです。

  • 独自の月額料金割引
  • 通信速度が速い
  • キャッシュバック6,000円
  • 端末代金0円

ソフトバンクエアーなら「モバレコエアー」

モバレコエアー

ソフトバンクエアーを契約するのであれば、実質料金が安い「モバレコエアー」がおすすめです。

【モバレコエアーの概要】

対応エリア 日本全国
使用回線 ソフトバンク
スマホセット割 おうち割 光セット
ソフトバンクユーザー:最大1,100円割引
ワイモバイルユーザー:最大1,188円割引
契約期間 2年
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 0円
月額料金 0〜1ヶ月目:2,167円
2〜23ヶ月目:3,679円
24ヶ月目~5,368円
契約期間内の実質料金合計 71,572円
契約期間内の実質月額料金 2,982円
キャンペーン内容 ・キャッシュバック最大17,000円
・端末代金実質無料

※価格はすべて税込

おすすめポイントは以下のとおりです。

  • キャッシュバック最大17,000円
  • 端末代金実質無料

インターネットの速度に関するよくある質問

以下のとおり、速度に関するよくある質問についてまとめました。

インターネットの速度が遅い原因は?

インターネットの速度が遅くなる原因には、以下のようなことが考えられます。

原因と解決方法について詳しくは、こちら「インターネットの速度が遅いと感じたときの6つの主な原因と解決方法」をご覧ください。

インターネットの速度が遅い場合の対処法は?

インターネットの速度が遅い場合、以下の対処をすれば速度が改善することがあります。

原因と解決方法について詳しく知りたい方は、「インターネットの速度が遅いときにまず試したい3つのこと」「インターネットの速度が遅いと感じたときの6つの主な原因と解決方法」を確認しましょう。

インターネットを快適に利用するための速度は?

インターネットを快適に利用するための用途別の速度は、以下のとおりです。

【用途別の必要な通信速度の一覧】

  用途 必要な通信速度
アップロード速度 メールやSNSなどのメッセージ送信 1Mbps
SNSへの画像の投稿 3Mbps
SNSやYouTubeへの動画の投稿 10Mbps
ダウンロード速度 メールやSNSなどのメッセージ受信 128kbps~1Mbps
WebサイトやSNSの閲覧 1Mbps~10Mbps
YouTubeなどの動画視聴 3Mbps~25Mbps
オンラインゲーム 30Mbps~100Mbps

まとめ

この記事では、インターネット速度の測り方や、遅い場合の対処法などについて詳しくご説明しました。

インターネットの速度が遅い場合は、まずは以下のような対処をしてみましょう。

それでも改善しない場合は、以下のような原因が考えられます。

上記の原因に対する対処をしても改善しない場合は、インターネット回線を乗り換える必要があります。

以下がおすすめの光回線なので、乗り換えを検討してみましょう。

【おすすめの光回線】

ドコモユーザーにおすすめ
「ドコモ光」
・月額:4,400円~
・キャッシュバック最大20,000円
・ドコモスマホとセットでスマホ料金が毎月1,100円割引
・dポイントを2,000ptプレゼント
auユーザーにおすすめ
「auひかり」
・月額:4,180円~
・キャッシュバック最大60,000円
・auスマホとセットでスマホ料金が毎月1,100円割引
・対象エリア:北海道、東北、関東、中国、九州
auひかりがエリア外なら…「So-net光プラス」
ソフトバンクユーザーにおすすめ
「NURO光」
・月額:2,090円~
・キャッシュバック最大45,000円
・ソフトバンクスマホとセットでスマホ料金が毎月1,100円割引
・対象エリア:北海道、関東、東海、関西、中国、九州の一部エリア
NURO光がエリア外なら…「ソフトバンク光」
特定のエリアにお住まいの方におすすめ ・東海エリアの人はコミュファ光
・関西エリアの人はeo光

ぜひこの記事を参考にして、快適なインターネット環境を手に入れてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました