WiMAX

【18社比較】おすすめWiMAXプロバイダを大公開!選び方、5G対応についても徹底解説!

WiMAX

WiMAXには数多くのプロバイダがありますが、中でも現在おすすめなのは以下の4社です。

【POINT】
・高額キャッシュバック
・実質料金が最も安い
WiMAXプロバイダ

<詳細を見る>
【POINT】
・大幅な月額料金割引
・他社からの乗り換え時の
違約金補填
・他社回線への乗り換え無料
<詳細を見る>
【POINT】
・WiMAXを縛りなし
 契約できる最安窓口
・ホームルーターも
縛りなしで申し込める
<詳細を見る>
【POINT】
・最安値で5Gプランを
利用できるプロバイダ


<詳細を見る>

18社を比較した結果、実質料金の安さ・プラン・キャンペーンの魅力度がとくに高い窓口だけを厳選してみました。

GMOとくとくBBは高額キャッシュバックもあるからお得に契約できるのがいいね!

私は契約期間に縛られずにWiMAXが利用できる縛られないWiFiがいいわ

WiMAXプロバイダを選ぶ際の注目ポイントや、申し込みの流れについても解説していますよ。

あなたにとってベストなWiMAXの申込先が必ず見つかるはずです!

※この記事は2021年10月時点の情報です。
※金額は全て税込み表記で表しています。

2021年のおすすめWiMAXプロバイダを大公開!いまお得なのはこの4社!

WiMAXのプロバイダは、日々さまざまなキャンペーンを打ち出しています。

期間限定のキャンペーンも多いので、そのときどきによっておすすめできるWiMAXプロバイダは変わってきます。

そこで、2021年現在のWiMAXプロバイダを比較し、いまお得なものを4社見つけました。

現在、国内でサービスを提供しているWiMAXプロバイダを比較した表をご覧ください。

【WiMAXプロバイダ比較表】

プロバイダ名 契約期間 実質料金キャンペーン内容5G対応
GMOとくとくBB WiMAX3年3,908円最大30,000円
キャッシュバック
Broad WiMAX3年4,011円初期費用20,743円割引
縛られないWiFiなし4,874円
カシモWiMAX3年3,994円月額料金最大47,103円割引
DTI WiMAX3年3,967円月額料金最大2ヶ月無料
EX WiMAX3年4,010円乗り換えの場合他社違約金を
最大20,000円負担
hi-ho WiMAX3年4,241円10,000円キャッシュバック
TikiモバイルWiMAX
(新規受付終了)
3年4,401円最大36ヶ月間月額料金割引
So-net WiMAX3年4,414円3つのオプションサービスが
12ヶ月無料
BIGLOBE WiMAX1年4,612円17,000円キャッシュバック
エディオンネット3年4,803円指定クレカ使用で
月額料金220円割引
縛りなしWiFi3年4,049円Fon光とのセット割
DIS mobile WiMAX3年4,803円LTEオプション料金無料
UQ WiMAX2年5,060円LTEオプション料金無料
YAMADA air mobile3年4,803円LTEオプション料金無料
KT WiMAX3年4,803円LTEオプション料金無料
ワイヤレスゲートWiFi3年4,803円
Vision WiMAX3年5,258円端末代、事務手数料、
違約金が無料
※表示はすべて税込
※実質料金は契約期間内で計算

自分がどのポイントを重視してWiMAXを選びたいかによって、おすすめできるプロバイダは変わってきます。

それぞれの特徴に合わせて、4つのWiMAXプロバイダを選出しました。

オススメ!
  • 最も安く契約したいなら:GMOとくとくBB WiMAX
  • 乗り換えで契約したいなら:Broad WiMAX
  • 契約期間に縛られたくないなら:縛られないWiFi
  • 5GのWiMAXが欲しいなら:カシモWiMAX

1つずつ紹介していくよ!

GMOとくとくBBはWiMAXプロバイダ最安の実質料金

GMOとくとくBB 画像WiMAX
エリア 【エリア検索】こちら
使用回線 WiMAX2+/au 4G LTE
契約期間 3年
セット割 キャリア auスマートバリュー mine
割引額 最大1,100円割引
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代 0円
月額料金 1~2ヶ月目:3,969円3ヶ月目以降:4,688円
契約期間中の総額 144,599円
契約期間中の実質月額 3,908円
主なキャンペーン 最大27,500円キャッシュバック
※表示はすべて税込

GMOとくとくBB WiMAXの大きな特徴は、やはり最大30,000円の高額キャッシュバックです。

このキャッシュバックのおかげで、実質料金を下げることに成功しているよ!

料金を重視してWiMAXを選ぶ場合は月額料金だけではなく、キャッシュバックや月額料金割引などの減算される金額と、事務手数料や端末代などが加算される金額を考慮して考えなければなりません。

実質料金を計算した結果、GMOとくとくBB WiMAXが最も安いWiMAXプロバイダなので、できるだけ利用料金を安く抑えたい人におすすめできます。

Broad WiMAXは料金の大幅割引あり、乗り換えサポートも手厚い!

エリア 【エリア検索】こちら
使用回線 WiMAX2+/au 4G LTE/WiMAX+5G
契約期間 3年
セット割 キャリア auスマートバリュー mine
割引額 最大1,100円割引
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代 0円
月額料金 1~2ヶ月目:2,999円3~24ヶ月目:3,753円25ヶ月目以降:4,413円
契約期間中の総額 148,424円
契約期間中の実質月額 4,011円
主なキャンペーン 初期費用20,743円割引乗り換えで他社違約金を最大19,000円負担
※表示はすべて税込

現在、Broad WiMAX以外のインターネット回線を利用している人がBroad WiMAXに乗り換えると、他社で発生した解約違約金を最大19,000円まで負担してくれます。

違約金を支払うのはもったいなくて、なかなか解約に踏み切れない人も、ためらうことなく乗り換えられるね!

Broad WiMAXでは、契約後もサポートも充実していますよ。

契約したけれどBroad WiMAXに満足できなかった場合は、今回おすすめする他社回線に乗り換えれば違約金免除で解約できます。

縛られないWiFiは違約金なしでWiMAXを契約できる

エリア 【エリア検索】こちら
使用回線 WiMAX2+/au 4G LTE
契約期間 なし/1年
セット割 キャリア
割引額
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代 0円
月額料金 4,620円
契約期間中の総額 63,360円
契約期間中の実質月額 4,874円
主なキャンペーン とくになし
※表示はすべて税込

縛られないWiFiは2021年6月に登場した、新しいポケットWiFiです。

多くのWiMAXでは契約期間が決まっていて、契約期間途中に解約すると違約金を支払う必要があります。

縛られないWiFiは、違約金なしでWiMAXを契約できる数少ない事業者です。

契約期間がない状態で契約できるWiMAXには、縛られないWiFiと縛りなしWiFiがあります。

実質料金を比べると、縛られないWiFiが4,874円に対して縛りなしWiFiは4,984円なので、縛られないWiFiのほうが優位だよ!

100円程度の違いかと考えるかもしれませんが、12ヶ月継続すると1,200円の差ができてさらに36ヶ月継続するとその差は3,600円にもなるので、少しでも安いところで契約したほうがお得です。

カシモWiMAXは5Gプランが最安のプロバイダ

エリア 【エリア検索】こちら
使用回線 WiMAX2+/au 4G LTE/WiMAX+5G
契約期間 3年
セット割 キャリア UQモバイル
割引額 最大550円割引
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代 0円
月額料金 1ヶ月目:4,500円
2ヶ月目以降:4,750円
契約期間中の総額 174,050円
契約期間中の実質月額 4,704円
主なキャンペーン 初月月額料金無料+1ヶ月目の月額料金割引
※表示はすべて税込

新しく開始されたサービス「WiMAX+5Gプラン」は、現在の時点で契約できるプロバイダが限られています。

その中でも最安値で5Gプランを利用できるのが、カシモWiMAXです。

5Gなら高速通信ができるから、ストレスフリーね!

5Gプランでは、通信速度が上がるだけでなく、通常モードでの速度制限の条件やLTEオプションの制限条件がゆるくなっています。

これまでのWiMAXよりも快適にインターネットが利用できる5Gプランを最も安く利用できるのが、カシモWiMAXです

WiMAXのプロバイダは4ポイントに注目して選ぶ!

WiMAXプロバイダを選ぶときに注目すべきポイントは以下の4点です。

ポイント
  • 実質料金の安さ
  • 申し込める端末の新しさ
  • キャンペーンの充実度
  • 5G対応しているか

プロバイダが変わっても、端末のスペックや提供エリアの範囲は変わりません。

したがって、5G対応かどうかを除いた場合は、料金面や取り扱っている端末、キャンペーン内容を重要視したほうがいいでしょう。

実質料金の安さ

WiMAXを契約してから支払っていく金額は、サイトに記載されている月額の基本料金だけではありません。

事務手数料や端末代、オプションに加入すればそのオプション代も加算されます。

それとは逆に、キャッシュバックや月額料金割引で減算される金額もあります。

それらをすべて含めて計算した金額が「実質料金」です。

実質料金の計算式

・(月額料金×契約月数)+事務手数料+端末代=加算される総額

・割引額+キャッシュバック=減算される総額

・加算総額-減算総額=実質総額

・実質総額÷契約月数=実質月額

申し込める端末の新しさ

プロバイダによって取り扱っている端末が違います。

契約の時点でリリースされている最新の端末が使えるプロバイダを選びましょう。

これからは5G対応の端末が申し込めるかどうかも重要なポイントです

【5G対応最新端末】

モバイルルーターホームルーター
端末Galaxy 5G Mobile Wi-FiSpeed Wi-Fi HOME 5G L11
最大速度下り:2.2Gbps/上り:183Mbps下り:2.7Gbps/上り:183Mbps
無線LAN2.4GHz/5GHz2.4GHz/5GHz

モバイルルーターだけでなく、ホームルーターも5G対応端末が登場しています。

契約時点での最新端末を申し込めることがベストなので、取り扱っている端末のチェックも忘れずに行いましょう。

キャンペーンの充実度

プロバイダの特色が一番出るのがキャンペーンです。

キャッシュバックや月額料金割引は多くのプロバイダで実施されていますが、それ以外にも魅力的なキャンペーンを行っているプロバイダを選びたいですよね。

・お試し利用

・違約金負担の乗り換えサポート

・解約時のサポート

上記のような独自のキャンペーンがあると、自分が実際にWiMAXを利用したときに役立ちますよ。

5G対応しているか

比較した18社のプロバイダのうち、現時点で5Gに対応しているのは7社でした。

より高速で快適な通信を求めている人にとって、5Gに対応しているかどうかは大きなポイントです。

ただし、5Gプランはまだ登場したばかりで世間に定着しておらず、提供エリアも限定されています。

5Gプランを求めている人は、対応しているかどうかをチェックして、その中で安くてお得なプロバイダを選びましょう。

WiMAXは5Gプランを申し込むべきなの?

WiMAXから5Gプランが登場し、契約すべきなのか迷っている人も多いでしょう。

結果からいうと、いまはまだ現行プランで問題ありません。

現行プランのほうが月額料金も安い上に、5Gのエリアはまだまだ限定的だからです。

しかし、今後は次第に5Gプランに移行して、いずれは一本化されてくることが予想されます。

5Gプランへは、一般化してからの切り替えで十分だよ!

一般化するまでの間も5Gプランを使ってみたいという人は、いつでも解約できる縛られないWiFiを契約しておくのも1つの方法です。

WiMAXの申し込みの流れ

WiMAX2+エリアは全国に拡大中ですが、エリア外の地域もあります。

自分の住んでいる地域、もしくは利用したい地域がサービス提供エリア内なのかどうかを確認しましょう。

【WiMAXエリア確認】

エリア内であれば契約できますが、エリア外であれば残念ながらWiMAXを利用できません。

おすすめ4社の中から自分に合ったプロバイダを決める

この記事では4社のおすすめプロバイダを紹介しました。

オススメ
  • 最も安く契約したいなら:GMOとくとくBB WiMAX
  • 乗り換えで契約したいなら:Broad WiMAX
  • 短期間で契約したいなら:縛られないWiFi
  • 5GのWiMAXが欲しいなら:カシモWiMAX

上記から自分に合うプロバイダを決めましょう。

WiMAXプロバイダから申し込む

プロバイダを決めたら、Webサイトからオンラインで申し込みを行いましょう。

キャンペーンの中には、「決められたサイトからの申し込みでなければ適用されない」というものもあります。

確実に自分の望むキャンペーンを受け取って、お得にWiMAXを始めるためにも申込窓口に注意を払いましょう。

「ギガ放題プラン」または「5Gギガ放題プラン」がおすすめ

プランに迷っているのであれば、「ギガ放題プラン」がおすすめです。

WiMAXのプランには、3日で10GB使えるプランと、月間で7GB使えるプランがあります。

月間7GBプランはギガ放題よりも月額料金が安く設定されていますが、月のデータ使用容量が7GBを越えてしまうと速度制限となってしまいます。

速度制限にかかったあとの速度は128kbpsという超低速です。

この速度だと、テキストのみのメールやメッセージアプリくらいしかスムーズにできないから、ほとんどWiMAXが使えなくなってしまうわ

データ容量超過による速度制限は、翌月まで続くのでストレスの溜まる日々を過ごすことになるでしょう。

しかし、ギガ放題プランには各プロバイダで料金割引が行われているので、7GBプランと変わらないくらいの金額で利用できます。

データ容量を気にせず楽しむためにもギガ放題プランを選ぶことをおすすめします。

5Gサービスを利用したいのであれば「5Gギガ放題プラン」を選びましょう。

必ず最新の端末を選ぶ

WiMAXを最大のパフォーマンスで利用したいのであれば、使う端末は必ず最新のものにしましょう。

回線はより高速なものを目指して日々進化しています。

それを十分に発揮できる端末を選ばないと、せっかくの高速通信を満足に利用できません。

契約時点での最新端末を使うためには、最新端末を取り扱っているプロバイダを選ぶ必要があります。

プロバイダの中には、旧モデルしか取り扱っていないものもあるので注意しましょう。

WiMAXが届いたら初期設定をして使い始める

手元にWiMAXが届いたら、初期設定は自分自身で行います。

UQ WiMAXの公式サイトに初期設定の方法が記載されています。

説明書に沿って行えば難しい作業ではありません。

引用元:UQ WiMAX

設定が完了したらいよいよ利用開始です。

WiMAXプロバイダを比較する際の注意点

自分にとって有益なプロバイダを選ぶためには、数多くあるプロバイダを比較することが大切です。

しかし、ただ比較するだけではなく、比較する際の注意点を把握しておかなくてはなりません。

ここからは、どのように比較すれば効率的に「自分にとっていいWiMAXプロバイダ」を選べるのかを解説していきます。

「通信速度」「エリア」どのプロバイダでも同じ

まず覚えておいてほしいのは、「通信速度」と「提供エリア」はどのプロバイダでも同じということです。

したがって、通信速度やエリアを比較する必要はありません。

比較するべきなのは実質料金やキャンペーン内容です。

ただし、5G対応端末の場合は異なるので、5Gプランを利用する予定の人は5Gサービスに関する情報を参考にしましょう。

5Gの対応エリアはまだ狭い

5Gの対応エリアはこれからどんどん拡大していきますが、現時点ではまだ狭い範囲に限られています。

5Gプランはエリアが拡大し、やがてWiMAX2+よりもメジャーな存在になっていくと予想されます。

それまでは現行のプランでの利用を主体としてプロバイダを選んでいきましょう。

キャッシュバックはもらい忘れてしまう可能性がある

キャッシュバックはプロバイダによってもらえるタイミングが違います。

契約の翌月にもらえるプロバイダもあれば、半年や1年後にもらえるプロバイダもあります。

契約時は「キャッシュバックをもらおう」と意気込んでいても、時間が経過するとともに次第に意識しなくなってしまうでしょう。

契約からキャッシュバック申請までの期間が長ければ長いほど、忘れてしまう可能性が高くなるよ。

したがって、キャッシュバックをもらい忘れることなく、確実に受け取るためには以下の2つの方法しかありません。

キャッシュバックのもらい忘れを防ぐ方法
  • 受取期間が翌月~2ヶ月後程度のプロバイダを選ぶ
  • 受取期間が半年~1年後以降であれば、リマインダーを設定したりパソコン付近にメモをしたりして忘れないための工夫をする

キャッシュバック申請のためのメールを見逃してしまうケースも多発しています。

申請時期が近づいたら、頻繁にメールチェックをしましょう。

いつも使うメールアドレスに届くように、契約時の登録アドレスには気をつけておくといいよ。

普段から使っているアドレスで登録したとしても、案内メールが迷惑メールフォルダに入ってしまうこともあるので、「案内メールが届かないな」と感じたら受信フォルダを隅々まで探してみましょう。

WiMAXエリア内でも遅くなる、つながりにくくなる可能性あり

たとえエリア内であっても、WiMAXの電波が弱くなる場所があります。

それに加えて、つながりにくくなる時間帯もあるのです。

たとえば、電波が弱くなる場所として以下のような場所があげられます。

電波が繋がりにくい場所

・コンクリート建物の中

・地下

・トンネル内

・山間部や沿岸部など

自分が住んでいる地域でのWiMAXの使用感を知りたければ、お試しで利用できるプロバイダや「Try WiMAX」の利用を検討しましょう。

通信が混雑していると通信速度が遅くなるので、利用が集中する週末の夜間などは速度低下を起こしやすくなります。

WiMAXに関するQ&A

この記事で解説してきた内容をQ&A方式でまとめました。

記事全文を読む時間のない人はこちらを参考にしてみてください。

2021年おすすめのWiMAXプロバイダはどの会社?

WiMAXプロバイダ18社を比較した結果、おすすめは以下の4社です。

オススメ
  • 最も安く契約したいなら:GMOとくとくBB WiMAX
  • 乗り換えで契約したいなら:Broad WiMAX
  • 短期間で契約したいなら:縛られないWiFi
  • 5GのWiMAXが欲しいなら:カシモWiMAX

自分がなにを重視して選ぶかが重要なポイントとなるので、自分の希望を整理して最適なものを選びましょう。

おすすめWiMAXプロバイダの選び方は?

選び方のコツは、「実質料金」「最新端末」「キャンペーン」に注目することです。

具体的な方法は以下のとおりです。

選び方

・実質料金を計算し、本当に安いプロバイダを見つけること

・最新の端末を選べるかどうかを確認する

・キャンペーンの内容や充実度を確認する

これらのポイントを押さえるだけで損のないプロバイダを選べます。

5G対応のWiMAXはおすすめ?

5Gプランに対応しているプロバイダはいくつかありますが、その中でも最安値で利用できるのが「カシモWiMAX」です。

カシモWiMAXは5Gプランを実質月額4,704円で利用できます。

ただし、5Gの対応エリアは狭いので利用できない地域が多いことを覚えておきましょう。

WiMAXを使い始めるまでの流れは?

申し込みから利用開始までの流れは以下のとおりです。

申し込みの流れ

①WiMAXのサービス提供エリア内か調べる

②WiMAXプロバイダから申し込む

③WiMAXが届いたら初期設定をして使い始める

Webサイトを利用してオンラインで申し込みをするので、店舗に足を運ぶことなく自宅から手軽にできます。

申込窓口を間違えないことと、特典の手続きを忘れずに行うことに注意すれば、誰でも簡単に利用開始できますよ。

WiMAXプロバイダを選ぶ際の注意点は?

WiMAXのプロバイダは数多くあるので、単にWiMAXの利用を決めたからといってすぐに申し込めるわけではありません。

自分にとって快適かつお得にWiMAXを使うための最重要ポイントは、プロバイダ選びなのです。

<WiMAXプロバイダ選びの注意点>

  • 「通信速度」「エリア」どのプロバイダでも同じ
  • 5Gの対応エリアはまだ狭い
  • キャッシュバックはもらい忘れてしまう可能性がある
  • WiMAXエリア内でも遅くなる、つながりにくくなる可能性あり

これらの点に注意して最適なプロバイダを選びましょう。

まとめ

現在WiMAXサービスを提供している18社を比較したところ、おすすめできるお得なプロバイダは以下の4社です。

【POINT】
・高額キャッシュバック
・実質料金が最も安い
WiMAXプロバイダ

<詳細を見る>
【POINT】
・大幅な月額料金割引
・他社からの乗り換え時の
違約金補填
・他社回線への乗り換え無料
<詳細を見る>
【POINT】
・WiMAXを縛りなし
 契約できる最安窓口
・ホームルーターも
縛りなしで申し込める
<詳細を見る>
【POINT】
・最安値で5Gプランを
利用できるプロバイダ


<詳細を見る>

重要視したいポイントによって、どのプロバイダを選ぶのが最適かを判断しましょう。

選ぶ際の注目ポイントは、「実質料金」「最新端末」「キャンペーン」です。

新登場した5Gプランが気になる人は、5G対応のプロバイダをチェックしましょう。

ただし、現時点での5G対応エリアは狭く、まだまだ実用的ではありません。

今後は5Gが主流になっていきますが、それまでは現行プランを利用しつつ5Gの動向をチェックしていきましょう。

WiMAXは断然「ギガ放題プラン」がお得です。

Webサイトから申し込みを行い、手軽に快適なインターネット回線を手に入れましょう。

タイトルとURLをコピーしました